お知らせ

お知らせ

2021年11月16日

『月刊福祉』12月号「特集:コロナ渦で見えた困窮課題と支援の方向性」のご案内

コロナ渦で苦しむ人々の実態を、それを支える側の取り組みを通して浮き彫りにし、そこにどのような課題があるのかを明らかにしていきます。
多様な情報があふれる時代、確かな情報をお届けする『月刊福祉』の定期購読をぜひご検討ください。

【レポートⅠ】コロナ禍における生活困窮者支援 ― 特例貸付事業を実施する社協から見える現状と課題
       ・與儀 あき(沖縄県社会福祉協議会 民生部 副部長)
【レポートⅡ】コロナ禍の住まいの喪失
       ・瀧脇 憲(特定非営利活動法人自立支援センター ふるさとの会 代表理事)
【レポートⅢ】今起きている暴力を止める
       ・遠藤 智子(一般社団法人社会的包摂サポートセンター 事務局長)
【レポートⅣ】コロナ禍は生きづらさを抱えた人の暮らしに何をもたらしたか ― 支援現場からの考察
       ・金子 秀明(社会福祉法人さわらび福祉会 理事長)
【レポートⅤ】コロナ禍の外国にルーツのある親子を地域で支える ― Minamiこども教室の取り組みから見えてくるもの
       ・原 めぐみ、甲田 菜津美、瀬戸 麗(Minamiこども教室実行委員会)
【てい談】コロナ禍で見えた課題とこれから
       ・岩田 正美(日本女子大学 名誉教授)
       ・朝比奈 ミカ(市川市生活サポートセンターそら 主任相談支援員)
       ・宮本 太郎(中央大学法学部 教授、本誌編集委員長)

▼ 詳細・ご注文は下記チラシまたはホームページから

【チラシ】チラシはこちら→
【ホームページ】(全国社会福祉協議会 出版部HPへ移動します→)

  

今の生活に不安を
抱えている方へ

就職、住まい、家計など暮らしに悩みを抱えたらまずは相談窓口にお問い合わせください。

相談窓口はこちら 支援内容はこちら
TOP